フォト

Twitter

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

チビの日常

2013年4月11日 (木)

お誕生日おめでとう

チビさん、お誕生日おめでとう!
この世にいれば15歳。
でも、今年からは年をとらないのかな?

なにはともあれ、チビ教信者としましては、
花祭りとクリスマスと盆暮れ正月がいっぺんに来たくらい
おめでたい日でございます。

チビさん、おめでとう、おめでとう。

Uni_30331
2009年4月12日撮影。
11歳は人の還暦にあたると思い、赤い首輪でお祝いしたよ。

Uni_44902_2
2011年4月11日撮影。
13歳。お祝いに盛大にブラッシングした後。
ブラシが大好きなチビ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

日付変わっちゃったけどチビちゃん、15歳のお誕生日おめでとう(*^ω^*)ノ彡、←顔文字のお祝いは9猫さんにお任せします。

今日は(昨日)チビちゃんの存在を感じましたか?きっと虹の国から遊びに降りてきてくれたと思いますよ。還暦の赤い首輪、なるほどね!いいアイディアだわ、似合ってる。うちのも11歳になったら付けてあげよう。

投稿: Niles | 2013年4月12日 (金) 03時39分

>Nilesさん

わーい! ありがとうございます(^^)
一昨日はチビにバラの花を買ってきて、チビコーナーにお供えしました。
他にもチューリップやらツツジやら、ちょっとしたお花畑になっていますよ。

今日は久しぶりにチビの気配を感じました。
きっとそばでウロウロしたり、ニヤニヤしながら見てくれていると思います。

アビさんも赤が似合いそうよね! きっとステキだろうな~。
チビには首輪をたくさん買ったので、衣装持ちならぬ首輪持ちでしたが、
やっぱり赤が多かったな…。
一つは母にあげて、残りは全部ジッパーつきの袋に入れて保存してるんですよ。
チビ毛がついていて、ついでに汚れてたりもしていて(笑)、チビの生の証みたいな感じがするんですよ。

投稿: kuroneko | 2013年4月13日 (土) 01時02分

ご無沙汰しております。

チビさん、お誕生日おめでとうございます。
お祝いして貰えて、チビさん、大喜びですね!
虹の橋で、美味しい物をたくさん食べているのでしょうね!

投稿: REI | 2013年4月14日 (日) 01時14分

>REIさん

REIさ〜ん! 心配してましたよー!
お手紙書いて黒ヤギさんに届けてもらおうかと思っていました(汗)。

チビがそばにいない初めての誕生日でしたが、
案外近くにいてくれてるんだろうな〜なんて思っています。
チャー君や先輩ネコさんたちと仲良く遊んでるかな?
チビは庭の柿の木もあっという間に登っていたから、
木登りなら負けないと思います(笑)。

投稿: kuroneko | 2013年4月14日 (日) 10時54分

うふふ、チビさんお誕生日おめでと〜ぅ♪
チビさんの気配感じたのね!?
それはそれは良かった〜
ずっと居ればいいのにね。

そういえば地震は大丈夫でしたか?

投稿: こんて | 2013年4月15日 (月) 10時59分

遅くなったけど、チビちゃん、お誕生日おめでとう♪

お空でのお誕生日はどんな感じなのかな?

kuronekoさま、チビちゃん、来てたんですね。^^
こんて様が言うように、ずっといればいいのにね。

投稿: 露里 | 2013年4月15日 (月) 20時41分

>こんてさん

ありがと〜ぅ♪
用事があって実家に行ってたら視界にチビがよぎったのよ。
時々様子を見に来てくれてるのかなぁ。えへへ。
なんか普段どおりに歩いてて、すごく自然な感じだったよ。
最後の方はふらついたり、腰が抜けたりしながらも
徘徊し続けたから、その印象が強烈でね…。
でも今はしゃきしゃき歩きまわってるんだ(笑)。

地震の心配もありがとう。
初めて聞いたんだけど、携帯の緊急アラームってビックリするね!
震災以来、被災地も東京の方も度々鳴ってすごくストレスが
溜まるだろうなぁと思いました。
こっちも近いうちにドンと来そうで怖い!

投稿: kuroneko | 2013年4月15日 (月) 23時21分

>露里さん

はぁ〜い♪ ありがとにゃん。
たぶん元気だった頃に若返って、楽しいことをいっぱいしていると思います。
チビを産んでくれたお母さんネコは姫さまみたいなシャムネコさんだったから、
お空の上で姫さまに甘えてるかも(笑)。

久しぶりに「あ、今、いる!」って思いました。
姫さまもチビも、案外近くにいて、
「やった! 気が付いてくれた!」とか、
「なんで気が付かないんだろう」って思ってるのかも。

姫さまももうすぐ4ヶ月ですね…。
そろそろ露里さんに会いに来てくれないかな〜。

投稿: kuroneko | 2013年4月15日 (月) 23時29分

チビちゃんお誕生日おめでとうございます!!!

いいなあ、チビちゃん合いに来てくれたんですね!
しゃきしゃき歩いて、kuronekoさんが忙しくしていてもしっかとその足元にスリスリして来てそう♪

バンバンが亡くなった時、クリスチャンでもある先代の飼い主さんが「バンバンの天国での誕生日を祝します」と言ってくれたことを思い出しました。この世と、あちらで、住む世界は違っていても、チビちゃんもバンバンも、お誕生日いっぱいお祝いしてあげましょうね!

チビちゃん、赤い首輪似合ってるなぁ〜。
バンバンも密かに赤がよく似合ってたんですよ!

投稿: 飼い主Y | 2013年5月22日 (水) 19時46分

>Yさん

わ〜い! ありがとうございます♪
以前、Yさんに亡くなった後も誕生日をお祝いするってお話しをうかがっていたので、
今年もチビの誕生日を祝いましたよ。
この世に生を受けた日があるからこそ出会えたんですものね。
そりゃ祝わなくっちゃだよね(笑)。

バンバンちゃんの先代飼い主さまもお祝いしてくださるのね。
8月8日はバンバンちゃん、あちらこちらでHappy birthdayの声が聞こえて
とーってもうれしいだろうなぁ。

うんうん、バンバンちゃんも赤が似合うよね!
赤いソファーに座ってたのもステキだったよー。
ダークカラーの子は赤が似合うよね〜♪
お花も私は淡い色が好きなんだけど、チビに似合うお花…と思うと、
パキッと明るい色やシックな色を選んでしまいます(笑)。

投稿: kuroneko | 2013年5月23日 (木) 17時54分

2012年12月24日 (月)

アニマルコミュニケーション

今夜はクリスマスイブですが、いかがお過ごしですか。
愛しい子と過ごされる方も、そうでない方も、暖かく平和な夜でありますように。
今日はクッキーをたくさん焼いたので、チビさんにもお供えしましたよ。

Dscf11921

チビが大きく体調を崩してから、疑われる病気の検査をしても、
どれも除外されてしまい、病院でも、もうできることはないと言われ、
途方に暮れていたのですが、9猫さんにjunさん(リンクしています)を紹介していただいて
今年の6月にアニマルコミュニケーションを受けていました。

この頃は食欲廃絶までにはなっていませんでしたが、
とにかく食欲不振で体重がどんどん落ちている最中でした。


アニマルコミュニケーションを受けるにあたり、こちらからの質問は、
「何か食べたいものはない?」
「何かしてほしいことは?」
「どこか苦しかったり痛かったりするところはない?」
の3つだったと思います。

以下がアニマルコミュニケーションの結果です。

kuronekoさま

こんばんは。
長らくお待たせ致しました。
遅くなりましたが、チビちゃんとのお話が終わりましたので送ります。

チビちゃんは難しくなく、ちゃんとお話してくれました^^

以下、チビちゃんとのセッション結果です。

*****************************

チビちゃんにコンタクトを取ると最初は少し斜に構えた感じでしたが
すぐに

「何が話したいの?」

とのことでした^^;

なのでまずは体調はどうかな?と聞きますと

「良くないわよ。」

と当然のように答えていました。

どんな風によくないのかな?と聞くと

「年がら年中気持ち悪いのよ」

と。ムカムカ吐き気がするというのではなく、お腹がゴロゴログルグルいって
腸が過剰に動いているような気持ち悪さを感じました。

それで食欲が無いの?と聞くと

「食欲が無いわけじゃないのよ。
食べると気持ち悪い(ゴロゴログルグルする)から食べたくないの。」

じゃあ、ゴロゴロしなかったら食べるってことかな?

「絶対そうならないっていえるならね。
何度も気持ち悪くなると生きてることさえつまらなくなるわ」

何か、これなら食べられそうってものはあるかな?
あったら教えて欲しいんだけどな。

(何かスープのようなものを感じたのですが心当たりありますか?
固形物じゃない、人間に置き換えて言うなら重湯のようなものの方がイメージされたのですが・・・)

固形のものはダメ?

「考えただけで気持ち悪いのを思い出しちゃうわ」

そっか。チビちゃんとしては、どうしたら食べられるようになると思うかな?

(お腹を撫でてもらう様子が浮かびました)
だけど攻撃しちゃうんでしょう?

「お腹を温めると楽になるのよ。
だけど私がイライラしているから撫でて温めてもらうのは簡単じゃないのはわかってる。」

じゃあしばらくは撫でてもらう以外で温めて欲しい?

「そうね。でも私が少し落ち着いてると感じた時には撫でて温めてもらいたいわ」

温めたり撫でてもらうほかに何かして欲しいことはあるかな?

「心配そうな顔して私を覗き込むのは止めて欲しいわ。気が滅入るから。
イライラが増しちゃうのよ。もっと普通にしててもらえると助かるわ。」

とのことでした。元気いっぱいだった頃と同じように接して欲しいようです。

kuronekoさんからの伝言を伝えると

「色々やってくれてるのは本当に嬉しい。だけど根を詰めすぎないで。
さっきも言ったけれど、もっと自然に振舞って欲しいの。
あんまり一生懸命やられちゃうと罪悪感が湧いてきちゃうから。
それに今まで通り(元気な頃のように)してくれてると、私も元気になるような気がするの。」

チビちゃんから伝えたいことは何かないかな?と聞きますと

「色々心配かけちゃってごめんね。悪いなって思ってる。
だけど心配かけたいわけじゃないことはわかって欲しい。
私たちお互いに元気いっぱいだったころを思い出して、そこを目指すべきだと思うの。
あまり深刻になりすぎず。これからもよろしくね!」

とのことでした。
この言葉の時、何か愉しく遊びまわる様子が見えました。
部屋の中で追いかけっこするような、そんなイメージです。

*****************************

チビちゃんとのお話は以上になります。

お話した中では、とにかくお腹がゴロゴログルグルしている感じと
身体が重くダルい感じを受けましたが、痛み特に感じられませんでした。
チビちゃんが話してくれたように、湯たんぽなど自然な優しいぬくもりのもので温めてあげて
リラックスしてきたところで撫でることが難しくなければ撫でてあげてくださいね。
撫でると言うより、暖かな手をそっと乗せて愛とぬくもりを伝える感じで良いと思います。
声をかけながら、kuronekoさん自身もリラックスしながらしてあげることが大切だと感じました。


私は、とにかくカロリーが足りないから、チビにドライフードを勧めていました。
junさんからの返信があって、すぐに口当たりの良さそうなウエットフードを
何種類か買ってきて、チビにお給仕したら食べてくれたのです。
もちろんたくさんではないのですが、口にしてくれたことで、
「ああ、こういうのが食べたかったんだ」と反省したことでした。

この頃は攻撃性が増して、撫でてもシャーッと怒っていました。
今なら大丈夫かなと思うときにお腹に手を当ててみると、
そのままにさせてくれることもありました。

とにかくあちこちにミニホットカーペットやあんかを置いて、
チビがいつでも温まれるようにしました。
実際、もう暑いんじゃない? と思うような気温の日も
その上でじっとしていることがありましたね…。

最後の追いかけっこは、毎晩、ネズミのおもちゃが付いた釣り竿式の
猫じゃらしで遊んでいたことだと思います。
具合が悪くなってからは、しんどいだろうと思って遊んでなかったのです。

この遊びは実家で居候生活中もしていたのですが、
何となく、私の自宅でチビとこの遊びをしていたときの
イメージが浮かびました。

毎晩、私がお風呂に入る前にブラッシングをしていたのですが、
時間になると、チビは浴室で待っているのです。
気の済むまでブラッシングをすると浴室から出ていくのですが、
その後、私のお風呂が済んで、一息ついたら遊びの時間でした。

それが済むと一緒に寝るのですが、仕事が済まない日は
そのまま夜中もパソコンに向かっていました。

チビはベッドからそんな私を眺めながら寝ていました。
あまり遅いと、後ろから前足でちょんちょんと突いて、
「まだ寝ないのー?」とベッドに誘ってくれていました。

チビの言う、二人が元気だった頃というのは、
この頃のことを指すような気がします。
違うかもしれないけど、もしそうだったら、私はうれしい。
この頃がいちばん幸せだったから。

アニマルコミュニケーションの結果を受け取ったとき、
チビの

「絶対そうならないっていえるならね。
何度も気持ち悪くなると生きてることさえつまらなくなるわ」

という言葉が胸に突き刺さり、つらかったです。
長い闘病生活で嘔吐には悩まされ続けました。
下痢は途中から便秘になり、これもこれで悩みましたが…。
本当につらくしんどい毎日だったろうと思います。
生きることがつまらなくても、私は治療を続けるために病院に連れて行くし、
チビにとっては生き地獄なのかもしれないとも思いました。
そんな悶々とした気持ちを抱えたままでした。

だからなのか、チビが旅立ったとき、それはそれはつらく悲しかったのですが、
やっと苦痛から解放されたねという気持ちもありました。
アニマルコミュニケーションを受けていなかったら、
「逝かないで、死なないで」とチビに取りすがっていたでしょう。
「がんばったね、ありがとう」という言葉を伝えられたのは、
良かったと思っています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

今日はいつもに増して華やかなお供えが、かつおはチビちゃんの好物だったの、汁だくでおいしそうだな。?猫クッキーもおいしそう、だけど食べてしまうのがもったいない。kuronekoさんなんでも出来ちゃうんで尊敬。
意思疎通、できるものなら本心を聞いてみたい、そういうパワー自分にも欲しいです。↑チビちゃんの言葉、悲しくてちゃんと読めないんだけど、チビちゃんが kuronekoさんをとっても好きだってこと、kuronekoさんをとっても心配していたことはだけはよくわかります。入浴前のブラッシング、チビ ちゃんとkuronekoさんの幸せいっぱいの日々が目に浮かびます、チビちゃんと出会えて本当によかったですね。

投稿: Niles | 2012年12月25日 (火) 02時43分

ほんとにこっちの言う事する事なんでも分かってるのに、なんで口利けないんだろう、って本気で不思議に思っちゃうよね。

ACで今回みたいにきっかけが掴めて事態が好転するのは良い事だね。やってみて良かったね。

手でちょんちょんしてくれるチビさん、かーわいい〜!!いい子だぁ…涙

投稿: こんて | 2012年12月25日 (火) 11時08分

そんなやりとりがあったのね。

いつも通り、普段どおりってのが
心地よいのかねぇ。。。

投稿: 9猫 | 2012年12月25日 (火) 14時46分

>Nilesさん

汁だくの具を残して飲んでいましたよー。
これとカルカンパウチは最後まで好きでしたね…。
保護団体にフードを寄付したときに、少しだけ残しておいたものを
お供えしてるの。そろそろ新しいのを追加しようかな(笑)。

クッキーも久しぶりに作ったのでモタモタしちゃって時間が掛かりました。
やっぱりやらないと忘れますねぇ。

ホントに、チビが元気なときはまさかこんなに難しい病気で旅立つことになるとは
思いもしませんでした。
ベッドで一緒に寝るとき、「チビ、長生きしてね。20歳まで生きてよ」って
毎晩のように耳元で言ってたの。うっとおしかっただろうな~と思います(爆)。
でも、目を細めてニヤニヤしながら聞いていましたよ。
本当にチビと出会えて幸せです。いっぱいのありがとうです。

投稿: kuroneko | 2012年12月25日 (火) 23時46分

>こんてさん

そうよね、私もそう思う。
若い頃はお互い「???」なこともあったけど(笑)、
だんだん年をとって、通じ合う事が増えましたね。

アニマルコミュニケーションを受けた後、徐々に脳の症状が出てきて、
このときのチビの気持ちと最後の方の気持ちは、また違ったかもしれないけど…。
もう一度受けようかとも思っていたんだけど、それより先にチビが旅立ってね…。

ユーリくんもちょんちょんするんだよね。
あれ、なんともかわいいんだよね~。
「いつまでパソコンしてるのよー」とか「本ばっかり読まないでー」とか(笑)。
止めて向き合うと本当にうれしそうにしたよね。
もう何を思い出してもかわいくて仕方がないっ!

投稿: kuroneko | 2012年12月25日 (火) 23時53分

>9猫さん

いやはや、ご報告が半年後になって申し訳ないです…。
でも、受けて良かったと思います。
あのときも教えてくださって、改めてありがとうございました。

アニマルコミュニケーションを受けてから、なるべく心配そうに見るのは止めたの。
内心はバクバクだったけどねー。
その後は脳の症状が出て、徘徊が止まらないときは、ひたすら「大丈夫、大丈夫、私がついてるよ」って
抱きしめて話しかけました。
あの頃のチビの意識はこの世になかったように思います。
半分向こうへ行ってたんだろうなと…。
そんな状態で普段通りにするのはなかなか難しく、一度だけ抱きしめて泣いてしまいました。
ちょっと心配かけちゃったかな。

人もそうだと思うけど、あんまり心配されすぎるのもうるさいのかもしれませんね。
長い闘病だと気も塞ぐだろうから、やっぱり普段通りがいいって子もいたということで…。

投稿: kuroneko | 2012年12月26日 (水) 00時05分

2012年10月19日 (金)

お薬の便利グッズ

チビさんはごはんにサプリメントやお薬を混ぜると嫌がって食べなかったから、
お世話の一つに、サプリメントとお薬を毎日飲ませるということがありました。

お薬が多かった時は1日5〜6回、転院して少なくなってからは1日2〜3回。
それでも毎日のことですから、手抜きを考えます(笑)。



Dscf11402

Dscf11381
お薬チョッキンで錠剤を分割します。
(お薬チョッキンはネットで売っていますよ。私は楽天で購入しました。)


Dscf11413_2

日曜の夜に1週間分まとめて作っていました。

Dscf11424_2
使い込んでるから汚れててスミマセン
火曜日の朝にチビさんが旅立ったので、月曜だけ空になってるのよ


Dscf11435

Dscf11456
細々した錠剤はカプセルにまとめて入れます。
カプセルは上のように分解して、真ん中を切って、長さを少しでも短くして
チビさんが飲みやすいように工夫しています。

はさみで切るのはカプセルの上のかぶせる部分ではなくて、
下の方を切ります。

空カプセルは薬局やドラッグストアで売っています。
号数がたくさんあるので、ネコさんが飲みやすいサイズを選んでください。

カプセルを飲ませるときは、お水をさっとくぐらせないと、
ネコさんの口の中に張り付きますので、忘れないでね。
何回も濡らしていると、カプセルが溶けてきてえらいこっちゃになります。
経験ありです(笑)。
お薬が飲めたら、食道にお薬が留まらないように、お水も飲ませてください。
自力で飲んでくれるなら良いのですが、シリンジで飲ませるもよし、
ご褒美にフードをあげても良いと思います。

動物病院で診察が終わって、会計とお薬を待つ時間を短縮するために、
「お薬は自分で分割するので、シートのまま出してください」
とお願いしていました。
その都度、用意すると面倒なので、カイヌシは1週間分まとめて作っていました。

チビさんの最後の方は、自宅輸液も毎日で、徘徊も一日中、お薬1日3回、
強制給餌1日5〜6回。
チビさんとカイヌシは眠れぬ夜を過ごしましたが、
チビさんの旅立ちで幕は下りました。
最中は他に代ってくれる人もいないので、
私は「絶対倒れたらいかん!」と気合いが入りまくりでした。
どんなに大変でも、いつか終わりがくると思うと、精神的につらくなることはあっても、
しんどいとかイヤだとは思いませんでした。
終わってみれば、もっとお世話したかった、一緒にいたかったと思うばかりですが、
あの状態で長生きさせるのは残酷…。

チビさんが推定IBDになってから、医原性クッシング症候群、慢性腎不全、
最後は脳腫瘍(これも推定ですが…)とこれでもかと病気が襲ってきました。
そんな状態で約3年生きてくれた。
人間の時間にすれば、12年近くです。
本当によくがんばったと思います。
「ありがとう」
この一言に尽きます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

本当に心尽くしのお世話。
ちびちゃんは幸せな子だったね。
だからこそちびちゃんも「がんばらにゃ」と
頑張れたんだろうね。

それだけ気を張りつめてきたからこそ
反動はかなりのものだろうと思います

アルが死んだときに、マイミクさんで動物霊園をしているお友達がいるんだけどそこの住職さんの話として教えてくれた言葉があって。

最初、ピンと来なかったんだけどなんだかとても腑に落ちてきた言葉。
「(飼っていたペットが死ぬことで)
あなたがおおいに苦しんで、
「つらくて苦しい」と思うのは
あなたがたの心に あなたがたの子が
強く強く 「ありがとう」という思いを残そうとしているのです
心に残るということは いつまでも 一緒ということです
けれど決して その悲しみを 苦しいと思わないで下さい
あなたがたの子は あなたがたを 苦しめたいのでは 決してないのです」

ちびちゃんも強く強くありがとうって言ってるんだと
思うよ

投稿: こんて | 2012年10月19日 (金) 16時26分

>こんてさん

動物霊園の住職さんのお話を教えてくださってありがとう。
帰宅してすぐに読んだんだけど、号泣してしまって、
今、お返事書いてます(汗)。

悲しみを苦しいと思っちゃいけないね。
本当にそう思いました。
最後のときにチビから何か伝えられている感じがしたんだけど、
私も気が動転していたからか、どうにも分からないままだった。
「また会おうね」って言い忘れたし…。
でも、「いかないで」は絶対に言わないと決めていたんだ。
旅立つときに、そう言われるとつらいだろうと思ってね。
そんなことを考える時間をくれたことに感謝しないといけないね。
良いお話しをありがとう。

投稿: kuroneko | 2012年10月19日 (金) 23時53分

こうしてあらためて↑の写真を見ると、本当にご苦労な日々を送られたんだなと(涙)一回分づつ小分けする作業も大変だけど、小さな体で具合悪い子に これだけ飲ませるのも大変だよね、プラス輸液もだし。でも後で振り返ってみればこれも素晴らしい思い出の1ページだよね。大切に育てて、そして看病しても らって、kuronekoさんの大きな愛に包まれてチビちゃんは本当に幸せな猫生を送ったと思います。

お薬ちょっきん!こんな便利なものがあったんですね、看護婦さんたちふつうのハサミ使ってるんだとばかり思ってました。

強く強くありがとう、私もそう思いたいです。

投稿: Niles | 2012年10月20日 (土) 13時15分

>Nilesさん

今、思えば、綱渡りみたいな日々でしたねぇ。
チビの必要な時間を逆算したり差し引いたりして、自分の仕事やバイトの時間を割り振っていました。

こんなにたくさん(とは言っても転院前はまだ多かったけど)のお薬を飲ませたのが良かったのかどうなのか、今は何とも言えない気持ちよ。それがないとチビはもっとつらかっただろうから仕方なかったんだけど
早く転院していれば、少ないお薬で、もっと良い状態でコントロールできていたと思います。

錠剤を分割するのに普通のはさみや包丁だと崩れてしまったり、等分するのが難しいけど、お薬チョッキンだと崩れずにきれいに切れるんですよ〜。とっても重宝しました。

投稿: kuroneko | 2012年10月21日 (日) 09時17分

ごめん泣かせてしまった
私もこの話書くといまだに不思議なくらい泣けるんだー
また会おうねって
きっと伝わってるよね。

私もどっかでまた会えるかな〜って日々考えながら歩いてる。
昨日夫とぷらぷら散歩してたら塀の上からトーティの飼い猫さんからンニャー!と声かけられて。
アル?って言ったら違うニャー!と返事されました…w
まだ出会わないようです

投稿: こんて | 2012年10月22日 (月) 10時47分

>こんてさん

いえいえ、まだ1日1回は泣いてますから〜
号泣とまではいかなくても、ふとしたときにうるっときますね。

こんてさんは、もうネコさんお迎えしないのかなと秘かに思っていたら、
出会い待ちだったのね。
トーティって何だろうと思ったら、サビネコのことなんだね。
その子に「違うニャー」って言われちゃったんだ。残念!

実家付近の地域ネコがサビの短毛と長毛なんだよ〜。
短毛の子がチビが旅立って以来、ときどきチビが乗り移ったのかってくらい甘えることがあるのよ。
二人ともチビがいなくなったことが分かってるみたい。

昨日は市の動物愛護週間の催しで子猫譲渡会をしてて、一瞬、「どうしようかな」と思ったけど、見に行く勇気がなかった…。
お互い、いつか「また会えたね」って言えるといいね〜。

投稿: kuroneko | 2012年10月22日 (月) 21時25分

2012年9月28日 (金)

1ヶ月経って

あの日から1ヶ月経ちました。

この間、何度かチビさんの気配を感じたことはありましたが、
残念ながらハッキリとは分かりません。
夢にも出てきません。
でも、写真やお骨に毎日話しかけています。

8月28日、チビさんの急変した午前8時16分から21分の5分間は、
一度もそらすことなく、しっかり私と視線を合わせていました。
声だけは最後まで聞こえると思って、しっかり抱いて、
「ありがとう、よく頑張ったね、もう頑張らなくていいよ、大丈夫」
と繰り返し言っていたと思っていたのですが、
母が言うには、
「もう病院へは行かんよ、お家にいようね」
とも言っていたそうです。
聴診器も「こんなものいらん!」と外したり、「聴診器!」と言って
再びつけたりも…。

きれいに聞こえていた心臓の音もリズムが乱れだし、
一度だけ前脚をグッと突っ張って、だんだん心臓の音が小さくなり、
聞こえなくなりました。
本当に最後の最後まで目を合わせたままでした。

完全に失明する少し前から、視線を合わせることがほとんどできなかったので、
今、思い返せば、不思議な5分間でした。
心臓が止まってもまぶたを開いたままだったので、私がそっと閉じました。

今でもそのときのことを思い出すと、涙が止まらないのですが、
もう10分遅ければ、母は仕事に出て家にはいなかったし、
反対に10分早ければ、父はまだ寝ていました。
私がもし病院に連れて行こうとしていたら、車中のキャリーの中で旅立っていたでしょう。

チビさんには口に出して言ってはいませんでしたが、
最後は絶対に腕の中で看取ると心に決めていました。
そんな私の気持ちも汲んでくれたのかもしれません…。

そんなことを考えていたら、チビさん自身がちょうど良いときに逝ったんだなと
思うようになりました。
ね、そうだったんだよね。チビさん。

Uni_24721
2008年9月5日撮影

Uni_25912
2008年10月8日撮影

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

話を聞くだけで涙、涙(;ω;)
最後の最後までチビちゃんも眼に焼き付けていたかったんだろうね。

父の時も猫の時も思ったけど、
病気のためにきちんと力も心も尽くせば、
きっと結果的に納得がいくようになってるのかな
なんて思いました。

でもそれでも後悔しちゃうんだけどね(ノ_-。)

投稿: こんて | 2012年9月28日 (金) 10時40分

>こんてさん

視力はなくても他の感覚を目一杯使って感じてくれたと思う(涙)。
もしかしたら、最後の奇跡みたいなので私の顔も見えていたかもしれないしね。

こんてさんもお父さま、アルくん、ユーリくんと看取られて、
本当におつらかったと思うのですが、その中から得るものも
おありだったのでしょうね。
私も1ヶ月経って、少しだけど、やっとこういう風に思えるようになりました。
あれこれ思ったり、後悔してることはたっくさんあるけど、
いつかは笑顔でチビのことを思える日が来ると信じてるよ~。

投稿: kuroneko | 2012年9月28日 (金) 20時03分

最期の5分、想像するだけで胸がしめつけられる思いです、でもお家でお別れができて、kuronekoさんの腕の中でお別れができてよかった、チビちゃん安心して旅立てましたね。

気配感じた時はそばにいるのよ!他人には分からないけど飼い主にしか分からない気配ってあるよね、あると思いたいです。

投稿: Niles | 2012年9月28日 (金) 21時18分

>Nilesさん

たくさん病気を抱えて、最後は徘徊し続けて、燃え尽きたような最後でしたね…。
きっとあの日のことは一生忘れられないと思う。

攻撃性が増して爪が切れなかった頃、歩くたびに爪が立てる音があったんだけど、
先日、寝ていたときに近くでそれが聞こえたの。
最後の方は怒ることもできなくなって、まめに爪は切っていたから、
そんな音もしなかったし、忘れてたのね。
それが、ふと聞こえて言葉にならない気持ちでしたよ~。

投稿: kuroneko | 2012年9月28日 (金) 22時48分

ワタシも夢も見ないし気配も感じないの~
でも寂しくなんてないんだからっ!
夢なんか見た日にゃ
目覚めたら余計に悲しくなっちゃうし
見たら負けだと思ってる(爆)

故ママンの気配も感じたこと無いんだ
(他の兄弟には挨拶に来たらしいw)
ワタシに霊感がないのかしらー

投稿: 9猫 | 2012年10月 1日 (月) 16時33分

>9猫さん

あら、9猫さんも?
朝、目覚めて「あれは夢だったんだ…」ってなると、確かにがっくりしそうです(涙)。
思い出の中でいつでも会えるもんね。
まだ思い出と言えるほどじゃなくて、傷が生々しいんだけど、
いつかそうなれると思います。思うかな? 思うようにする!

お母様のこともそうなのですね…。
心の準備があったか、なかったか、できる範囲でできることをやったか、
そんなことも関係するのかなぁ…。
霊感なら私もないですよー。
こういうときに霊感のある人って亡くなったネコさんが見えたりするのかな?
ちょっとうらやましいな。

投稿: kuroneko | 2012年10月 1日 (月) 23時29分

2012年9月18日 (火)

命のバトン

チビが旅立って、もう3週間が経ちました。
時間が経つのは早いですね…。

IBDネットワークの皆さんにもチビの形見分けでいろいろ押し付けちゃいましたが
今日は保護団体にフードを送りました。
段ボール箱にぎゅうぎゅう詰めになっちゃいましたが、
チビの命のリレーのバトンをこうしてたくさんの方に受け取っていただいて、
うれしいです。
これでチビの食べていたものがほとんど手元になくなりました。
寂しくないと言えば嘘になりますが、誰かのお役に立てることの方が
ずっとずっと意味のあること。

033_convert_20120918160145
2011年11月13日のチビさん

チビさんの最後は脳腫瘍の疑いで、感情表現ができなくなっていましたが、
それでも最後まで好きで喜んでくれたのが、頭とあごを撫でることと抱っこでした。

目も見えなくなっていて、一人でいることを嫌がりました。
最後まで一人で留守番をさせることはなかったので、
それは良かったと思っています。

チビさんの医療費のために増やしたバイトも行きたくないよー。
ヤダヤダ病になっていますが、外に行くこともカイヌシのリハビリと思って、
行ってこなくちゃね~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

何とも言えない顔をしているね、幸せそうな
私もソッコーフードなどは寄付しちゃいました。
私はどっちかというと使っていたものが残ってる方が辛かった~w
いるはずのところに居ないっていうのが辛くて。

で、後から、あれは残して置いても良かったか…と後悔w
でもユーリが最期まで着てた手作りフリース洋服、まだ洗わずにあるよ
でも、匂いほとんど無くなっちゃった
でも毛はまだいっぱいついてる!

切ないね

投稿: こんて | 2012年9月18日 (火) 19時04分

>こんてさん

そうなの「あ、ここも、こっちも」って自分で気持ちいいところを
かきかきさせるのよね(笑)。
フードは賞味期限があるから、早めに送った方がいいよね。

今は使っていたものだけが残ってるよ。
確かにそれを使っているチビがいないことはすっごく寂しいし、切ないし、つらいね…。
他にもにゃんこがいれば、そのまま使えたけど、
こんてさんちもうちもそうじゃなかったからねぇ(涙)。

ユーリくん、よくお洋服着てたよね。あれはこんてさんの手作りだったんだ! お上手!!
チビは抜け毛玉やら抜けヒゲやら爪やら、いろいろあるよ。ベッドも抜け毛だらけよ~。

投稿: kuroneko | 2012年9月18日 (火) 19時16分

洋服とかは残してあるけど……
使い回しできるかなって思って……
結局使ってないけど
完全に忘れ去るのは無理
時々思い出して涙する
それでイイと思う
外の空気も吸って気分転換してね!

投稿: チビママ | 2012年9月19日 (水) 05時14分

>チビママさん

ママさんもチビタちゃんのお洋服を残していらっしゃるんですね。
一つ一つに思い出がありますもの…。

きっと、一生、死ぬまで忘れることはできないと思います。
今は毎日思っては涙が出るけれど、それも当然だと思って、
あまり「早く元気にならなくちゃ」と思わないようにしています(汗)。
もちろん、仕事関係の人や知人には普通の顔をして会っていますが、
やっぱり無理をしているからか、普段より疲れてしまいますね…。

すっかり秋めいてきました。
チビのいない秋。寂しいけれど、空を見上げてチビを思いますね。
ありがとうございます。

投稿: kuroneko | 2012年9月19日 (水) 21時58分

通りすがりの者です。突然失礼します

今、愛猫が生死をさまよっています。

嘔吐が激しくて、異物を飲み込んだのかと(経験あり)
昨日の朝一で病院へ駆け込み
様子を見ましょうと言われ、家で様子を見ていたのですが

19日の22時ころ
容態が悪化し、近くの病院へかけこみました。

もともと、よく吐く子でした。
腸閉塞も疑いましたが、熱もなくなんだか様子が違ったので
検索してみたところ、IBDにひっかかり
こちらを偶然拝見しました。

駆け込んだ病院ではもう、朝をむかえられるかどうか。難しい。との判断でした。

ブログを拝見しているうちに
もしかして、小さいサインが色々あったんじゃないだろうか。
見過ごしていて、いつの間にか何らかの病気が
悪化していたんじゃないだろうか

色々考えさせられました。

かけこんだ病院は設備が整ってなく、レントゲンもとれない小さな病院です。
夜間を探し回りましたが、通っている病院もみてもらえず
他もなし。
私の地元では、夜間診療をしている病院が無いのです。

どうなるかわからない。じゃあ傍にいて朝までまとう。
とも思ったのですが、小さな奇跡と先生にすがりつきたい思いで
先ほど預けてきました。

もう立つこともできず、目も開いたまま。
足も伸び切り、呼吸も荒く
毛のツヤも無くなっている状態。
誰がどう見ても、もう危ない。

そんな状態でした。

急にこんなお話申し訳ありません。

主さんの猫ちゃんを見たときに、すごく似ていて
目をつぶっている顔や、アゴをなでられて気持ちよさそうな顔。

なんだか、胸が痛くて痛くて
さぞお辛かっただろうと、痛くて痛くて

そして私も不安で仕方なくて。

めちゃくちゃな文章で申し訳ありません

チビちゃんのご冥福をお祈りします

投稿: K | 2012年9月20日 (木) 00時42分

>Kさん

コメントありがとうございます。
愛猫さん、ご心配ですね。
夜間救急がないご苦労、お察しします。
当地もそうなので、病院が閉まる時間から翌朝までは
祈るような気持ちで過ごしていました…。

チビも推定IBDを発症したのは突然でした。
前日の夜まで普段どおりだったのですが、
翌早朝に激しい嘔吐、下痢で休診日でしたが、
当時のかかりつけに電話をして診てもらいました。
私も小さいサインを見逃していたのではないかと
思い返すことがあります。

Kさんの愛猫さんがどうか無事に朝を迎えられていますように…。

投稿: kuroneko | 2012年9月20日 (木) 07時57分

おはようございます

ご心配ありがとうございます

今朝、4時10分頃
1歳6か月で
お空へ旅立ちました

あんな取り乱した文章へ
お返事ありがとうございました

小さな奇跡にすがりつき
看取ってあげられなかったことが
今となっては後悔です

短い、本当に短い命だったと思います。

してあげられることが
きっとたくさんあったと。そう思います

いまはただただ
辛い。の一言です

通りすがりですが
気にかけていただき
ありがとうございました

投稿: K | 2012年9月20日 (木) 08時25分

>Kさん

おはようございます。

愛猫さん、旅立たれたのですね…。
まだ1歳6ヶ月だったとは、かわいい盛りに本当におつらいですね。
お気持ちを思うと何と申し上げて良いか…。

きっと私もKさんの立場だったら、必死で病院を探して
お願いしたと思います。
Kさんは、そのときにできることを十分なされたと思いますよ。

おつらい中、お知らせくださり、ありがとうございました。
Kさんもどうぞご自愛ください。
愛猫さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: kuroneko | 2012年9月20日 (木) 09時11分

2012年9月12日 (水)

先生にご挨拶

今日は、かかつりけ病院へ担当医のA先生に最後のご挨拶をするために伺いました。

先生のお顔を見たら、やっぱり泣けてしまいました。
きっと泣いて話せなくなると思っていたので、毎日つけていた日記と
てんかんを動画で撮ったいつものウンチデジカメ(笑)持参で、
何とか説明できました。

先生の意見としては、チビの脳腫瘍は塊のタイプで、
最終的にはそれが急激に大きくなり、呼吸中枢を押して呼吸が止まったのではないか
とのことでした。

もし当地にMRIが撮れる病院があっても、チビの場合は他にも持病があり、
年齢的なことも考慮して、積極的治療は難しかったでしょうとも。

この3年間、本当にいろいろありました。
私の一番の反省するところは、もっと早く転院をしていればということです。



獣医師にもいろんな人がいます。
信じがたいことに生き物が好きではないのに獣医師になっている人も…。
それでも腕が良ければ、こちらも利用できますが、それすらない人も。
技術がないから心で…ともいかず、本当に悔しくて泣いたこともあります。
愚痴になるし、当地は田舎だから、どこで目に触れるかもしれず、
今まで書かずにいましたが、心無い言葉で傷ついて、泣いた日もあります。

そして、今、私が言えること。
転院ができる環境にあって、悩んでいる方。
どうか勇気を出して、一度、別の病院の門を叩いてみてください。
違う展開が開けて、結果が吉と出ることもあります。
もしダメなら、また別の病院を探しましょう。

転院ができない環境にある方。
本当におつらいと思います。なんとか腹をくくって、がんばってください。
一枚うわてになって、先生を操縦するつもりで…。

転院は勇気がいりましたが、最後がA先生で本当に良かったと思います。
「年のせい」「チビはデブだから触診しても分からない」なんてことは
一度もおっしゃいませんでした。
私がしどろもどろで質問しても決して嫌な顔はなさいませんでしたし、
何よりチビになるべく負担がかかりにくいように考えてくださいました。
今日は先生も涙ぐんでいました。
最後は先生と握手をして診察室を後にしました。

A先生、本当にありがとうございました。どうぞお元気で。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

そうだったんですか。
そんな言葉を言われていたんだ。ひどいね。
転院するのは確かに勇気いるけど、やってみて良かったよね。

でも結果オーライで良かった。
良い先生に診てもらえてよかった。良い先生だったんだから実名で出して
しまえばいいのにぃ〜笑
先生も報告もらって嬉しかったんじゃないかなあ。

もしこれが転院しないまんまだったら、きっともっと辛く後悔してたよね。

投稿: こんて | 2012年9月12日 (水) 20時39分

>こんてさん

ここにも書けないこともアレコレ言われたよ~。
ホント、いろいろありました。

そんなこんなで、もうここじゃダメだと思って、
転院したけど、それで良かったと思う。
あのままだったら、きっと年のせいにされて
「ボケたんじゃない?」って言われ、安定剤か眠剤出されて
おしまいだったと思うよ。
で、今頃、悔やんでも悔やみきれなかったと思うー。

A先生は勤務医だから、いずれ独立なさると思うのよね。
また毛っけのはえた子とご縁があったら、A先生に診てもらいたいな。
今はとてもお迎えする気になれないけど(汗)。

投稿: kuroneko | 2012年9月12日 (水) 22時23分

親身になって下さる先生でしたね!ちゃんとkuronekoさんの話も聞いてくださって優しい方、難しい病気でこれ以上の治療ができず先生も悔し かったことと思います、チビちゃんも信頼してたから安心して診察台でウンができたのよね。地域によって、病院の数が少ないと選択の余地もセカンドオピニオ ンを求めて転院することもできない、そういう飼い主さんもたくさんいることでしょうね。MRIやCT、動物の場合はどうやって「息を止めて、はい楽にし て」をやるんでしょうか?

投稿: niles | 2012年9月13日 (木) 12時00分

記事読んで同じ気持ちです・・・。
本当に色んな獣医がいますね。

私も、前に亡くなった猫は今とは違う病院で治療してて、
そこの先生は「あまりに弱ったら安楽死します」と。
点滴回数や治療の面でも、今とは真逆でした。

いつ安楽死されてしまうのか不安な中での治療で、
本当に怖かったです。

色々とあり、今の病院に転院しましたが、
安楽死をさせなくて良かったと思っています。

近所にはたくさんの動物病院があり、
通ってる人の話を聞いてるとぼったくりなんじゃないか、
適当に診察してるんじゃないかと思う事が多々あります。

飼い主も勉強して判断出来るようにならないと、ですね。
治療費のこともだし、治療方法も明確にしてくれないと。

話は変わりますが、前回のチビちゃんもかわいかったです!
ストラップがしがしの表情がいいですね(*´∀`*)

投稿: よっしー | 2012年9月13日 (木) 14時59分

>nilesさん

そうそう、先生の腕に脚をかけてウンチを出してもらったこともありました!
出たのはうれしいけれど、申し訳ないやら、おかしいやらでしたね(笑)。
医原性クッシングのせいで先生も思うようにステロイドが使えないし、
いくつも病気が重なって、本当に難しくて先生も大変だったと思います。
放り出さずに最後まで伴走してくださったことに感謝です。

高知も郡部の方に行くと、動物病院が1軒しかないとか、まったくない地域もあるの。
だから転院したくてもできない方の気持ちも分かります…。

MRIやCTは全身麻酔で撮るんですよ。
だから、チビの場合はそのための全麻で命を落とすかもしれないから、
あまり勧めませんと言われました。
その後も手術か放射線治療となるとどちらも県外だし、それも全麻。
たぶん、チビの体も心も耐えられなかったと思います。

投稿: kuroneko | 2012年9月13日 (木) 23時06分

>よっしーさん

安楽死って、初めから宣言されるものじゃないですよねー!
そんなひどいことを言われて、不安で恐怖でしたね。
転院なさって本当に良かったです。
ネコさんのことだけでも不安でいっぱいなのに…。
大変でしたね(涙)。

たくさん動物病院がある地域にお住まいでも良い病院を探すのは
ご苦労があったと思います。
私はいろいろ人に聞いて、ここだけはダメだリストを頭の中に作っていましたよ。
近所でワンコの散歩をしている人にまで声をかけてしまって、
あやしいカイヌシでした(汗)。

ストラップがしがしのチビも見て下さってありがとうございます。
元気だった頃の写真を見て癒されています(*´ェ`*)

投稿: kuroneko | 2012年9月13日 (木) 23時20分

2012年9月11日 (火)

クモの巣

チビさんが旅立ってちょうど2週間が経ちました。
つい昨日のことのようにも感じるし、もう何ヶ月も前のような気もします。
変な感じですね。

チビさんは庭が好きでした。
旅立つ前に抱っこして庭に出て、外の風や草の匂いをかがせてやりたいと
思っていました。
それはまだ叶うつもりでしたが、あまりにも突然に逝ってしまったので、
叶わぬままです。

写真を見ていたら、頭にクモの巣をからませたチビさんを見つけました。

Uni_03511

よくこんな頭で帰って来ていましたね。
外でゴロンゴロンするから砂まみれだったり(笑)。

その度に濡れタオルで拭いたり、それでも駄目ならシャワーで流したり…。
晩年は室内だけにしたのですが、外のチビさんはいきいきしていましたね。

Uni_26012
これは私のアパートで居た頃です。
カメラのストラップを引っぱってガジガジしてます。
あー、かわいい

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

蜘蛛の巣チビさん、かわいいねえ
もう二週間なんですね。
私もカレンダーを見返していた所、長にゃんが急に腎臓が悪化して病院に駆け込んだのは8/27でした。
その頃って夏の疲れが出てくるころなのかな?

なんか猫がいなくなってるのに普通にご飯食べたり仕事したりしてるのが不思議な感じしますよね。
自分の身の回りの事をやるだけでも疲れちゃうよね。
のんびりやるべし。
ボチボチ休みながら、ね。

投稿: こんて | 2012年9月11日 (火) 15時20分

>こんてさん

よく肉球も泥んこにして帰ってきてたよ~。
懐かしいなぁ。

アルくんも夏の終わりに体調を崩したんだね。
病気を抱えた子や老ネコには夏や冬は厳しいよね~。
チビの場合は台風が来てたり、雷雨が続いたりで、
気圧も影響したかなと思っています。
てんかんってそういうことも関係するみたいね。

食欲もないけど、チビさんに強制給餌したから、私もがんばって食べてます
この疲労感がどうにかならんかなーと思いつつ、
これもチビさんの置き土産と思って、ゆるゆると暮らしますね。ありがとう。

投稿: kuroneko | 2012年9月11日 (火) 23時28分

クモの糸からませて、ワイルドでやんちゃな一面もあるチビちゃんだったのね、外の空気は違うのかな、室内ではどれだけ可愛がられても探検やハンティ ングできないものね。病気になってから始められたブログなので、こうして元気でおちゃめだった頃のチビちゃんの生活や写真が見れて嬉しいです。
2週間ですか…そう簡単に気持ちの整理つかないよね、寝れる時に寝て体を労わって。

投稿: niles | 2012年9月12日 (水) 07時48分

うちのべこ餅が死んだ後は、
自分のブログのべこ餅見て
可愛い可愛いっていってたなぁ
さすがにもうダメってときの記事は見てないけど
あまりの可愛さにニヤニヤしてた(遠い目)
このチビさん、いくつくらいの時?
やっぱ故じじ猫には似てないわよん(笑)

チビさんの形見分けしてくれたんだね!
今日は受け取れなかったけど
どうもありがとね!
明日届いたらまた改めてお礼に伺うよーん

投稿: 9猫 | 2012年9月12日 (水) 19時25分

>nilesさん

「クロ」の歌のまんまですよね~(笑)。
外は土や草や花などいろんなにおいがするから、楽しそうでしたよ。
実際に狩りもして、私にプレゼントしてくれたこともありました(汗)。
オスネコと喧嘩をしてもチビが勝っていました。
武勇伝には事欠かない、とにかく強くてたくましくて、でもかわいいチビでした。

なんだかねー、時間の感覚がおかしくなってるの。
2週間経ったような、経たないような、ほーんと変な感じです。

投稿: kuroneko | 2012年9月12日 (水) 20時05分

>9猫さん

あぁ、やっぱりそうですよね。
私もmixiの元気だった頃のチビを見ては「あー、かわいい」って
言ってます。

クモの巣チビはたぶん9歳くらいでストラップぎゅーのチビは11歳だったと思う。
じじ猫さんには似てないですか(笑)?
チビはこう見えても、祖母猫は長毛mixで母猫はシャムmixでした。
大柄だったのは洋猫の血が入ってたからかなと思います。

あ、形見分け、強制的にお送りしました!
もし必要なかったらゴメンネ。

投稿: kuroneko | 2012年9月12日 (水) 20時10分

2012年8月22日 (水)

新しいお部屋

どんどんネガティブブログになっている「チビ日記」ですが
今日はチビさんの新しいお部屋をご紹介しますよ。

061_convert_20120822110928
ケージを購入しました。
チビさんの新しいお部屋です(笑)。
天井に扉がついているので、輸液のときは扉を開けてできます。
正面にも扉が一つ付いています。

あれこれ敷物が散乱していますが、チビさんが乗っかってるのは
ふわふわのタオルマットで、その下側があごのせ枕と
じゅうたんのような生地のさらさらマット。
チビさんの後ろにはジェルマットをタオルに包んで置いています。
アルミボードは使ってくれなかったけど、ジェルマットは時々乗っかっています。
その日、そのときの気分によって、好きなところで寝ていますよ。

062_convert_20120822111017
輸液が終わった後なので、ボヘラーッとしています。
今日はふわふわマットの気分らしい…。

064_convert_20120822111102
意外と広いです。90cm×60cmのゆったりワンルームですね。
カイヌシの狭いアパートより広々しているのではないでしょうか。
ははは。

067_convert_20120822111143
これは、とある日、バイト先でアメリカに旅行された方からいただいたお菓子なのですが、YさんちのバンバンちゃんとTちゃんも食べたんだって。
偶然にも同じものをいただいたので、チビさんと記念写真(笑)。
ちなみにチビさんは自分から食べることができなくなっているので、
見つめるだけです
バンバンちゃんは、このお菓子を食べてもかりんとうを産出されたとか。
さすが実力が違いますー!
チビさんも「バンバンねえさんはスゴイです」と言っていました(笑)。

069_convert_20120822111217
最近のお気に入りの一枚。
この日のお顔は表情がイイ
あごをゴミ箱にのせてるのはご愛嬌です

チビさんに夜だけオムツをつけてもらうようにしました。
すっごく嫌がるだろうなと思ったのですが、意外と受け入れてくれて、
オムツをつけたまま、夜な夜な徘徊しています(笑)。
まだオムツの中にブツをしてないのですが、カイヌシの夜の安心感が違いますね
昼間は目が届くのでオムツははずしていますよ。
ケージも気に入ったみたいで、自分から入っていくことが多いです。
案ずるより産むが易しだったのねん。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

天井からも開閉できる便利なケージがあるんだね、住み心地いいからチビちゃんも気に 入ってくれてよかった!写真もよく撮れてますよ、目もしっかりしてる!オムツもすぐ慣れてくれたんだね、でもトイレに使うと理解できず洋服着せられたと 思ってるのかな?我慢しないでしちゃっていいんだよ〜。以前うちのが出っぱなしになった時、オムツと思ったけど病院で犬と違って猫は自分で外しちゃうとい われ断念したことが、でもチビちゃんは嫌がらず外そうとしないイイ子だわ。ご飯もたべようね!

投稿: niles | 2012年8月22日 (水) 12時32分

すごいしっかりした顔してるよ!
目力リンリンです!
痩せたように見えないよ…!?
ケージの中はふわふわでイイね。
おむつ嫌がらなくて良かった。
飼い主思いだなあ。

投稿: こんて | 2012年8月22日 (水) 13時04分

おお!
チビさんもこれで一国一城の主に!
オムツ、すんなりいけて良かったね
これで夜はゆっくり寝れるのかしら?
寝不足は体力なくなっちゃうからー
お肌の調子も(以下省略)

投稿: 9猫 | 2012年8月22日 (水) 16時40分

>nilesさん

すんなり自分から入ってくれてビックリしました。
調子が悪い日はケージの天井に頭を自分でガンガンぶつけてしまうのですが、
それ以外はおおむね満足してくれてるみたい。

そうか、オムツはトイレと認識してないのか~。なるほど。
チビは夜中にオムツを脱ぐことがあって、よく私の枕元に置かれていたのですが
お店で店員さんに相談したら、サイズが合ってなかったみたいで、
1サイズ大きいのにしたら脱がなくなりました。
でも、まだしてくれない(笑)。
朝起きて、すぐにはずすんだけど、何時間かしてから用を足していますねー。そのうち慣れるかな。

ごはんもチビさんと私の息がだいぶ合ってきましたよ。
自分ではフードに口をつけるんだけど、開けて食べるという動作ができないです。
もうこの際、手伝って食べてくれたら贅沢は言いませ~ん

投稿: kuroneko | 2012年8月22日 (水) 21時34分

>こんてさん

この日は調子良かったんだ~。
良いお顔してるよね

立って歩いているところを上から見ると、げっそりしてるの。
特に腰の辺りとかね…。

チビさんがこんな風になって、慌てたり落ち込んだりだけど、
結局はチビさんに助けてもらってるよ。
ホント、良い子なんだから~

投稿: kuroneko | 2012年8月22日 (水) 21時40分

>9猫さん

意外と快適みたいですよん。
オムツはつけたら固まって動けないだろうと思ってたんですよ。
だから、寝たきりになってからかなと思ってたけど、
つけた瞬間は固まりましたが、すぐに徘徊再開(笑)。
やっぱり徘徊はおさまらなかった…。
用足しのお掃除をするために起きなくてよくなったのは
助かりました。
寝不足はなかなか解消しませーん
お肌は…。クマごろうが居座っております。仕方ないよねぇぇぇ。

投稿: kuroneko | 2012年8月22日 (水) 21時47分

おおおー!チビちゃん素敵なお部屋ができて良かったね!うちだったらTも一緒に入ってしまうに一票です 笑。Gold Fishもチビちゃんに見つめられて嬉しそうだよ!

オムツは意外とすんなり受け入れてくれたんですね。病気とお付き合いしながら、たくさんのことを教えてくれる。大変な中にも発見や達成感や喜びがあり、こうして飼い主とネコさんは日々成長していけるんでしょうね。その二人三脚がまた嬉しいですね。

チビちゃんのしっかりした眼差しに私も勇気をもらいました!
ありがとう!!!
kuronekoさんも休めるときにしっかり休んで頑張ってね!

投稿: 飼い主Y | 2012年8月22日 (水) 22時15分

>Yさん

いやいや、Tちゃんじゃなくても、私も時々上半身だけ入っていますよ~。
それにしても、Gold fishがこんなタイミングで来るとはね(爆)!

ケージもオムツも私の思い込みでまだ早いからと使ってなかったけど、
もう使って良かったのよねー。
チビさんの深い懐に感激のワタクシでございますよ。

こういう表情をできる日があるということに希望を持って、
これからもお世話がんばります

投稿: kuroneko | 2012年8月23日 (木) 00時01分

2012年8月19日 (日)

長い目で見よう

えー、昨日のチビさんは振り出しに戻ってしまい、
夜中は自分のゆるうんにまみれて動けなくなり、
拭いているそばからおしっこをしたりで非常に気の毒な状態。

一日中ひどい徘徊にふらつき、ひたすら前進、表情悪い、食欲なしでした。
食事の手伝いも、歯をくいしばって断固拒否!
お薬を飲ませるのにも、すごい力で口をこじ開けなければならないので、
カイヌシがんばりすぎて、親指を思い切り噛まれました。
これで二度目でございます。

もう不安で不安で、しかも翌日はかかりつけの休診日だし、
受診したほうが良いのかしら、でも、行ってもすることないだろうし…。
でもでも、やっぱり不安!

で、夕方、かかりつけに電話して、症状を伝えて受診した方が良いのか、
イソソルビド増量キャンペーンした方が良いのか相談しました。

先生からのお答えは、その状態で受診してもできることはない、
イソソルビドは現在の倍量まで飲ませて良いので、
それで様子を見てくださいとのことでした。

やっぱりそうだよね
もうねー、こういうときって心細くってしょうがない。
徘徊するチビさんを抱きしめて、「大丈夫、大丈夫、私がついてるからね」
と不調のチビさんと自分の気持ちをなだめるしかない。

不思議なもので、2009年9月にチビさんが推定IBDになったときから
チビさんと私の体調がどんぴしゃでリンクしています。
チビさんが嘔吐下痢のときは、たいてい私もなんですよねー。
去年から、それにチビさんの便秘も伝播したのか、私も…。
今回もチビさんの食欲不振につられて一緒に痩せてるし。
いや、どうでもいい話しでスミマセン。

結局、イソソルビドを飲ませたら落ち着きましたが、
2時間半後には、また徘徊。

が、今日はふらつきも軽減し、徘徊もゆるやかに。
食事の手伝いも歯をくいしばらずに協力的でした。お薬も無事飲ませられた!

昨日のような不調の日は、チビさんの体全体に力がこもっています。
抱っこしても爪を立ててしがみつくし、お口は開かないし、歯をくいしばっています。
そういうチビさんを見ると、腫瘍が大きくなったんじゃないか、他にも不調が?
と不安になります。

推定IBDになったばかりのころも、症状のアップダウンに一喜一憂して、
自分の感情もジェットコースターなみに振り回されていました。
今もそうなんですがね

この脳の症状も、もう少ししたら落ち着いてお世話できるようになる、
短いスパンで一喜一憂してはいけないと思いました。

今日は久しぶりにチビさんとお昼寝しました。
チビさんはケージの中で(自分から入っていました)、
私はケージの横で(笑)。

来週から月末まで、ちょっと仕事が忙しくなるので、
もしかしたらチビさん一人で留守番させないといけないかもしれません。
家族の予定を聞いて、なるべく一人にならないように予定は組みましたが、
どうなることやら…。
どうしてものときはケージに入ってもらって、外での仕事は超特急で
済ませたいと思います。
ガンバレ、カイヌシ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

チビちゃんの体調は、日ごとに変化しているのですね。
飼い主なら、調子の良い時が続く事を望んでいるのに
なかなか思うようにならないのがもどかしいです。
でも、明日は良くなるかも知れないから
希望をもって頑張って下さいね。

>チビさんと私の体調がどんぴしゃでリンクしています。

はい。うちもそうでした。
いつも一緒に体調を崩したりしていましたよ。
IBDになってずっと・・・
でも、そのお陰で、猫さんの気持ちも(苦しみ)理解出来たのかも。
kuronekoさんも御身体をご自愛下さいね。

投稿: REI | 2012年8月19日 (日) 21時33分

(;ω;)そうでしたか、
増量キャンペーンでとりあえず落ち着いて良かったですが
kuronekoさんの体調も同調してるとな…
一心同体なんだなあ。
一喜一憂しないでいられる人なんてそうそう居ないよー…
無理に元気に振舞おうとしなくていいんだよー

仕事、パパッと済みますように!

投稿: こんて | 2012年8月19日 (日) 21時52分

>REIさん

明日は良くなるかも。本当にそうですね。
日替わり定食に翻弄される日々ですが、
苦手なものでもうろたえず、しっかり受け止めなないとね。

REIさんもチャー君と体調がリンクしていたのですね。
愛猫が大変なときに自分も調子悪くなるとシャレにならんわ~と
思いつつ、つい引っ張られてしまうんですよね…。
でも、そのこともあって、つらさを理解できるのなら、
これも意味のあることなのでしょうね。
うん、きっとそうだ。ありがとうございます。

投稿: kuroneko | 2012年8月20日 (月) 00時33分

>こんてさん

今日は比較的穏やかで、ホッとした一日でしたよ。
さっきごはんとイソソルビドを済ませたので、
たぶん小一時間は寝るか静かにいてくれると思う。
うまくいけば早朝まで…。

私がチビさんに依存しすぎてるのかなぁと心配だったのよ。
だから体調がリンクするのかなって…。
ちゃんとしないといけないときに、こんなになっちゃって!って
自分を責める気持ちもあるなー。
でも、それも自分なんだもんね。へなちょこなりにがんばるぞ(笑)!

明日、寝不足でミスしないように気をつけなくちゃだわ~。
もうチャチャッと済ませちゃうからね!

投稿: kuroneko | 2012年8月20日 (月) 00時39分

飼い主なら一喜一憂しちゃうよね、調子良ければこのままよくなってくれるのではと期待しちゃうし、また具合悪くなると天に裏切られたようで余計に落 ち込む、その繰り返し。kuronekoさんの体調も心配です、一人で抱え込まないで、家族や友達にグチったりガス抜きしてもらってね。
チビちゃん、ケージ嫌じゃないのね、徘徊が酷い時は体力消耗しないようケージに入ってもらえますね。お仕事超特急で頑張って!

投稿: niles | 2012年8月20日 (月) 10時18分

>nilesさん

皆さん同じ気持ちなんですよね。すっきり治る病気ならと何度思ったことか…。
こうして気持ちを聞いていただくと、自分だけじゃないと勇気がわきます。
私の心配までありがとう たまにはガス抜きしなくちゃね! 

ケージに続き、昨夜は初オムツに挑戦しましたよ。
はかせた直後は固まっていましたが、すぐに歩き出しました。
昼間は目が届くので、夜の間だけつけてもらおうと思ってます。
この前みたいに、夜中にゆるうんまみれもかわいそうだし、私も眠れるし(笑)。
わんにゃん用オムツって初めて手にとってみたんだけど、しっぽ用の穴があって、
ちゃんと考えられてるなーと思いましたよ。

投稿: kuroneko | 2012年8月20日 (月) 22時54分

2012年8月16日 (木)

やった!

ブログのジンクスをぶっ飛ばす企画第一弾!

チビさんがウエットフードのスープの部分を自分でなめなめしました!
うふふ

食べなくなってから1週間。
フードとお水のお皿を踏んでしまうので片付けようかと思っていたのですが、
また食べられるかもしれないと思い、毎日少量のドライフードとお水を入れていました。

今朝、気が付いたらフードのお皿の前でくんくんにおいを嗅いでいます。
観察していると、口をつけているのですが、うまく開かず食べられない…。
スープならいけるかと思い、汁気の多いウエットフードをお皿に入れて
目の前に置くとなめてくれたんですーーーー!

120816_111901_2

ケータイで撮ったからボケボケでごめんなさい。

ま、急に食べられるわけもなく、その後は食事のお手伝いをしておりますが、
食べ物に興味があるということが分かっただけでもうれしいです。
カイヌシ、今日はとっても幸せございます!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント

うん、うん、よかった(^-^)/チビちゃん、自ら口にしようとして〜、ご飯だって思い出してくれたんだね!今日みたいな日が続くと嬉しくなりますね。

投稿: niles | 2012年8月16日 (木) 18時44分

やったあやったあ~!!
嬉しい~!!
ちびたん万歳!

投稿: こんて | 2012年8月16日 (木) 19時38分

>Nilesさん

ホント良かった~。
食べたいって思ってくれたことが生きたいってことのように
感じられて、うれしかったのです。
明日も一口でいいから自分から食べてくれるとうれしいな

投稿: kuroneko | 2012年8月16日 (木) 23時49分

>こんてさん

わーい! わーい!
チビもばんにゃいしてますよ
今、夜のお給仕も終わったよ。
1時ごろまで寝て、その後はたぶん徘徊タイムだな。ふふふ。

投稿: kuroneko | 2012年8月16日 (木) 23時52分

うんうん。良かったねー(嬉)

ところで。。。
ガンに良さそうなものまた見つけた。。。

投稿: 9猫 | 2012年8月17日 (金) 09時05分

>9猫さん

ありがとう~
でもね、今日、病院から帰ってきて、また奇行が…。

ガンに良さそうなもの! 何かしら~?
今日ね、サラゾとりあえず1ヶ月続けてみましょうってことになって、
処方してもらったばっかりだよー(笑)。

投稿: kuroneko | 2012年8月17日 (金) 22時11分

より以前の記事一覧